スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎椅子製作所に行ってきました。

取扱商品の確認のため、宮崎椅子製作所に行ってきました。

宮崎椅子DCIM0080[1]
宮崎椅子はオリジナリティの高い製品を、外部デザイナーとのコラボレーションによって、個性的なブランド構築をしている会社です。

ボクが宮崎椅子さんを気に入っている点は、
●細部まで考えられたデザインと、それを実現する技術。
●木材で出来ているとは思えないほど堅牢なつくり。
●無垢材を使用していて、多くの樹種で製作できる。

すべてオーダーしてからの製作になるので、最長3ヶ月の製作納期が掛かります。
それでもmoaniでは、とても人気があり 購入されたお客様には喜んでいただいております。

今回は、これから取り扱うテーブルの確認と、
今後 取扱いをするかどうか検討しているソファをジックリと見てきました。

UU sofa & ottoman ←リンクも見てください。

宮崎椅子DCIM0084[1]
ソファで横になっているのは、宮崎椅子の社長さんです。積極的な商品説明中です(笑)。

moaniでは、デンマークのデザイナー「カイ・クリスチャンセン」と宮崎椅子で復刻した、
Paper Knife sofa & ottoman を扱っています。
カイさんから「デンマークで作ったオリジナルより宮崎椅子のほうが良い・・・」とお褒めいただいたらしいです。

宮崎椅子 DCIM0087[1]
カイさんのソファも同じ構造なのですが、
宮崎椅子さんのソファの一番の特徴は、この座の下に入っているスプリングバンドの仕様です。
実際に見てみないとわからない不思議なつくりでしょ~っ。
非常に軽いので、お掃除のときでも簡単にソファを移動できます。
座り心地もとても軽快なんです。


今回検討しているのが、写真の小泉誠の新作ソファ UU sofa & ottomanですね!
彼らしいミニマムなデザインです。

どれぐらいの広さの部屋にマッチするのかだとか、
お使いいただくお客様の生活スタイルやレイアウトなどイメージしながら、
いろいろ 眺めたり・・・座ったり・・・撫ぜてみたり・・・寝てみたり・・・
ウ~ム・・・どうでしょう?
座り心地は程よく傾斜した座面から、まっすぐに座っても落ち着いた感じだし、
座面奥行きが50cm以上はあるので、横になることもできますし、
いろいろなサイズのクッションと組みまわせても有効に使えます。
一応サイズ表記は3Pソファなのですが、
通常の2Pソファ(座面幅1200ぐらい)と3Pソファ(座面幅1800ぐらい)の中間ぐらいの大きさで、
大きいリビングルームなんかだと、1Pソファやオットマンと組み合わせて使うのが良いのかな~と思います。

張り生地は moaniではおなじみの JAB や デザイナーズ・ギルド の生地でもっと個性的なものにしたいな・・・
ロゴバのキリム・クッションなんかベストマッチ(古っ)だな・・・

などと検討中・・・(ってヤル気マンマンですが・・・)


そのほか、会ってみないとわからない いろいろな制作上の秘密など、
今回は宮崎椅子の社長さんにいろいろ教えていただいて、とても楽しかったです。
これからも宮崎椅子から目が離せませんねー。
気に入って取り扱っているチェアーもまた紹介しますねー。

それでは、また~
スポンサーサイト

建築家 林幸稔さんのお仕事 [ 志度の2世帯住宅 ]

林建築001[1]
建築家 林幸稔さんのお仕事を拝見してきました。

現場の住所をおしえてもらって、ナビを頼りに行ったのですが、遠くから見てもすごく目立つ建物が・・・
ナビ見なくても到着してしまいました。(笑)

林さんは山本忠司建築綜合研究室に在籍していたとき、ボクの自宅を担当してくださった方で、
林さんにとっても最初のお仕事だったそうです。その後 お仕事以外で音楽(とくにブルース)の
イベントなどで、会う機会があったのですが、建築家のお仕事は写真でしか見たことがなかったのです。

建物の写真からイメージすると、エッジの効いたデザイン重視の感じがするかもしれません。
ですが ボクは、林さんを(強引に押し付けるタイプじゃない人だと)知っていたので、
逆にそのイメージとの違いが「なぞ」なのです。ワクワクしながら林さんのお話を聞いてみました。

林建築DCIM0022
まずは玄関の収納のお話→→→「お施主さんの奥様は靴をたくさんお持ちで・・・」

奥行きが普通の下駄箱の2~3倍はあると思います。靴を縦列駐車させるアイデアです。

林建築DCIM0024
奥行きを利用して、引き出せるタイプのハンガーを使った傘やレインコートなどの収納が装備されています。

林建築DCIM0027
そして扉を閉めることによって、壁面と同化してその存在を消してしまいます。

この「存在を消す・・・」という表現が、林さんの建築では多く登場するようです。
使い勝手を建物の中に忍ばせているような感じです。
お施主さんの要望が多いほど、林さんのデザイン力が発揮できるチャンスが多いんじゃないでしょうか?

林建築 DCIM0028
巾木もアルミの材料を使っています。→→→アルミは存在を消すことの出来る材料なんです。

「アルミは少しだけ周りの風景を移りこませることが出来るので、とても気に入って使っている材料です。」

林建築DCIM0037
扉の取っ手として使ったり、いろいろな場所でこのアルミ材が登場します。

通常のドア引き手などを使わないこの手法は、本当に珍しいと思いますね。
閉じてしまうと、扉がどこにあるかもわからない・・・

ボクなりに思うのは、アルミといっても無垢材です。張り物で表面を仕上た材料であれば、
キズが付くと痛んだ感じになりますが、無垢材であればキズは味となります。
そういった意味でも、長く使えるし 良い選択かもしれませんね。
しかし仕事柄、巾木は是非紹介してみたいモノもあるので、別の機会にお話してみようと思います。

林建築DCIM0030
子供室のお話 →→→ 窓です。

窓の下が全面奥行きのある壁面収納になっています。窓の外は壁面があり上部から採光しています。
お部屋全体が明るく、落ち着いた雰囲気になっています。

プライバシーが保たれるので、このお部屋にはカーテンやロールスクリーンのようなものはないそうです。
ボクはいつも思うのですが、夜 外が暗くなってしまうとガラスが鏡のようになり映りこむので、
なんとなく怖い(オバケ?)と思うのですが、実際住んでみるとどうなんでしょう(笑)

林建築DCIM0044
中庭をはさみ同じようなリビングルームがあります。

リビングの広い窓は中庭に向いています。唯一ブラインドの付いてるのはこの窓だけのようです。
よく見ると、ブラインドのヘッドレールが天井面にスッキリと収まっています。
天井面からスラット(羽)だけが出ているようにカーテンボックスが設計されています。
この部分にボクは林さんの積極的な設計への拘りを感じてしまいます。

「moaniさん、ブラインドの写真撮っておかないと・・・」と言われたのですが(笑)
ボクとしては、この部分プロなので林さんに紹介したいものが商売柄いろいろとあるのですが・・・。

余談ですが・・・
製品寸法が幅3m以下であれば、タテ型ブラインドはバトン式をよくオススメしています。
この窓は幅が広いので両開きにしなくては出来ないため、ムリにオススメはできませんが、
バトン式はポール(バトン)をもって、カーテンのようにシャッと開けたり閉めたり出来るので、
操作が手早く、簡単だからです。ポールを回転させることでスラット(羽)の角度を替えられます。
タテ型ブラインドは開閉操作が面倒だと思っておられるお客様には、よく驚かれますよ~。

林建築DCIM0032
細部まで設計されています →→→ サッシは既製品じゃないんです!?

そのリビングの窓、木製なんです。
木製の窓は、既製品や輸入物の建材では見たことがあるのですが、
林さんだとオリジナルデザインなんです。ペアガラスです。ものすごくカッコよく出来ていました。ビックリ!

林建築 DCIM0047
お父さん世帯のアプローチ →→→ ここが気に入っています。

林さんはこの建物の中で、このアプローチの感じが好きなんだそうです。
写真が悪いので(スミマセン)伝わりにくいですが、
多分 時間帯によって隙間から入る光が木立のような感じになりそうです。

建物全体は林さんのHPをご覧ください。

いろいろと見せていただいたおかげで、勉強になりました。
自分の仕事と共感できるところがあり、とても有意義でした。
林さん、ありがとうございました。
今回の取材でボクが感じたことは →→→
●お施主さんとのコミュニケーションを大事にしてデザインしている。
●住む人に優しいのに、エッジの効いたデザイン。



林幸稔建築設計事務所
〒760-0066 香川県高松市福岡町2-21-5
TEL 087・823・1256  FAX 087・823・1256
E-MAIL : h-blues@mail2.netwave.or.jp

emotional design research

「人を感動させようとするコト・モノが、自分が感動したコト・モノでなければ、それがどんなに巧みな仕事であっても、感動として伝えることができない。」
design(=目的をより快適に解決する仕事)がemotional(=感動的な)だと感じるコト・モノを「ボク」は研究します。

「ボク」=moani (株式会社 ヤノインテリア 代表取締役)

moani
インテリアショップ "モアニ"
〒760-0029香川県高松市丸亀町1-1壱番街東館2F
http://www.moani.co.jp/
tel.087-816-1520
mail.moaniani@nifty.com
プロフィール

moani.e.d.r.

Author:moani.e.d.r.
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。