FC2ブログ

宮崎椅子製作所に行ってきました。

取扱商品の確認のため、宮崎椅子製作所に行ってきました。

宮崎椅子DCIM0080[1]
宮崎椅子はオリジナリティの高い製品を、外部デザイナーとのコラボレーションによって、個性的なブランド構築をしている会社です。

ボクが宮崎椅子さんを気に入っている点は、
●細部まで考えられたデザインと、それを実現する技術。
●木材で出来ているとは思えないほど堅牢なつくり。
●無垢材を使用していて、多くの樹種で製作できる。

すべてオーダーしてからの製作になるので、最長3ヶ月の製作納期が掛かります。
それでもmoaniでは、とても人気があり 購入されたお客様には喜んでいただいております。

今回は、これから取り扱うテーブルの確認と、
今後 取扱いをするかどうか検討しているソファをジックリと見てきました。

UU sofa & ottoman ←リンクも見てください。

宮崎椅子DCIM0084[1]
ソファで横になっているのは、宮崎椅子の社長さんです。積極的な商品説明中です(笑)。

moaniでは、デンマークのデザイナー「カイ・クリスチャンセン」と宮崎椅子で復刻した、
Paper Knife sofa & ottoman を扱っています。
カイさんから「デンマークで作ったオリジナルより宮崎椅子のほうが良い・・・」とお褒めいただいたらしいです。

宮崎椅子 DCIM0087[1]
カイさんのソファも同じ構造なのですが、
宮崎椅子さんのソファの一番の特徴は、この座の下に入っているスプリングバンドの仕様です。
実際に見てみないとわからない不思議なつくりでしょ~っ。
非常に軽いので、お掃除のときでも簡単にソファを移動できます。
座り心地もとても軽快なんです。


今回検討しているのが、写真の小泉誠の新作ソファ UU sofa & ottomanですね!
彼らしいミニマムなデザインです。

どれぐらいの広さの部屋にマッチするのかだとか、
お使いいただくお客様の生活スタイルやレイアウトなどイメージしながら、
いろいろ 眺めたり・・・座ったり・・・撫ぜてみたり・・・寝てみたり・・・
ウ~ム・・・どうでしょう?
座り心地は程よく傾斜した座面から、まっすぐに座っても落ち着いた感じだし、
座面奥行きが50cm以上はあるので、横になることもできますし、
いろいろなサイズのクッションと組みまわせても有効に使えます。
一応サイズ表記は3Pソファなのですが、
通常の2Pソファ(座面幅1200ぐらい)と3Pソファ(座面幅1800ぐらい)の中間ぐらいの大きさで、
大きいリビングルームなんかだと、1Pソファやオットマンと組み合わせて使うのが良いのかな~と思います。

張り生地は moaniではおなじみの JAB や デザイナーズ・ギルド の生地でもっと個性的なものにしたいな・・・
ロゴバのキリム・クッションなんかベストマッチ(古っ)だな・・・

などと検討中・・・(ってヤル気マンマンですが・・・)


そのほか、会ってみないとわからない いろいろな制作上の秘密など、
今回は宮崎椅子の社長さんにいろいろ教えていただいて、とても楽しかったです。
これからも宮崎椅子から目が離せませんねー。
気に入って取り扱っているチェアーもまた紹介しますねー。

それでは、また~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moani.e.d.r.

Author:moani.e.d.r.
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR